FC2ブログ
なんでもmedia TOPに戻る

auの東芝製端末4機種に不具合、ケータイアップデート開始

auは、東芝製CDMA 1X WIN端末4機種に不具合があることが明らかになりました。2007年7月31日よりソフトウェア更新サービス(ケータイアップデート)の提供が開始です。

今回対象となっている機種は、東芝製の「W47T」「DRAPE」「W51T」「W52T」の4機種です。いずれの機種でも発生する不具合は以下の3種類です。

○EZニュースフラッシュが更新されない
○EZニュースフラッシュ更新失敗後に省電力モードに移行せず電池を消費し、待受時間が短くなる
○20以上のグループに保存されたアドレス帳データを端末内のメモリに転送できない場合がある

また「DRAPE」だけに発生する事象としては、オールリセット機能を使った後、テレビ電話発信ができなくなる場合があります。

au(KDDI)ではソフトウェア更新サービスの提供を開始しており、W51TとW52Tについては「auからのお知らせ」が送信されます。

対象台数はW47Tが36万2,248台、DRAPEが12万1,940台、W51Tが30万8,685台、W52Tが25万8,825台です。
不具合のうち、EZニュースフラッシュが更新されない事象は、コンテンツ受信とメール送受信や発着信など他の動作が同時にあった場合に発生します。
待受時間が短くなる事象も同様の理由です。またアドレス帳やオールリセット後のテレビ電話に関する事象は、設定上に漏れがあったことが原因です。

今回の夏モデルでは、W54T、W52CAがいいかな… お風呂でワンセグを見たりしたいな!

関連サイト
KDDI au: 機種別更新情報 > ケータイアップデートのお知らせ
携帯電話関係 | コメント:0 | トラックバック:0 | 2007/09/01(土) 10:34:46
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newsmagazine.blog105.fc2.com/tb.php/176-fb39910c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
本文中でこの記事のアドレスを引用してください。引用がない場合はスパムとして削除します。
トラックバック