FC2ブログ
なんでもmedia TOPに戻る

ドコモ、Bluetooth接続の骨伝導レシーバマイク「サウンドリーフプラス」を開発

NTTドコモは2007年11月27日、携帯電話に接続する骨伝導レシーバマイク「サウンドリーフ(Sound Leaf)」の機能強化版、「サウンドリーフプラス(Sound Leaf+)」を開発したと発表がありました。
発売は、2008年2月下旬を予定しています。

ドコモは2006年9月から、通常の携帯電話では相手の声が聞きづらいユーザーや、激しい騒音環境下で携帯電話を利用するユーザー向けに、有線接続タイプのサウンドリーフを販売しているが、サウンドリーフプラスではBluetooth経由で携帯電話と接続できるようにし、煩わしいケーブルの接続をすることなく、ワイヤレスで利用可能にしました。

外観や主な機能はサウンドリーフを継承しており、セラミック圧電素子を駆動体に用いた骨伝導技術で、音の振動を骨から聴覚神経に伝える。また骨伝導機能に加えてテレホンコイル(Tコイル)機能を搭載するため、補聴器(Tコイル付)を装着している場合でも明瞭な通話ができます。

音域は、一番聞き取りやすい設定(低域/通常/高域)に切り替えることが可能。端末には無指向性マイクと指向性マイクの2つのマイクを実装しており、騒音が大きな環境下でも、相手には周囲の騒音を低減した送話ができるという。

製品名サウンドリーフプラス
サイズ(幅×高さ×厚さ)30×115×26.5ミリ(小部分突起含まず、折りたたみ時)
重さ約45グラム以下(本体のみ、電池含まず)
電源単四形電池×2本
連続通話時間約15時間(アルカリ乾電池の場合)
接続方式Bluetooth
ボディカラーブラックブルー


自分的には、電池式というのはどうなんだろう?? 充電式だったらもっと軽くなったのに…
でも、電池式のメリットとしては、内蔵電池の場合は充電を繰り返す事によって、内蔵電池の劣化があるけど… 電池式だったら無くなったら交換でいけるから、その心配は無いですね。
電池を入れた重量は、どのくらいなんだろう?? 普通に単4形乾電池を手にもっても、重さは余り感じないけど… 耳に掛けた場合は… 少し辛いかも…

発売されたら、購入しよう!!
Bluetooth方式だから、現在使用している『W54T』で接続して使用してみよう。価格の方はどのくらいになるんだろう??

詳細が解れば、随時更新します。

詳しい画像、詳細記事は、以下の関連サイトを参考にしてください。

関連サイト
■ドコモ、Bluetooth接続の骨伝導レシーバマイク「サウンドリーフプラス」を開発 - ITmedia +D モバイル
■骨伝導レシーバマイク サウンドリーフプラス | 製品 | NTTドコモ
携帯電話関係 | コメント:0 | トラックバック:0 | 2007/11/28(水) 23:56:29
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newsmagazine.blog105.fc2.com/tb.php/194-0c7bf43e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
本文中でこの記事のアドレスを引用してください。引用がない場合はスパムとして削除します。
トラックバック